重心移動アナライズDVD 口コミ・評判・サッカー効果は?練習は?

目次

1.鬼木祐輔コーチと日本代表、長友選手の関係

そもそも、鬼木祐輔コーチは、あの明治大学体育会サッカー部をみておられます。

そして、いまでは、日本代表の長友選手の専属トレーナーをされているとのこと。

長友選手のインスタの言葉を借りれば、「毎日2人でサッカーを研究し、トレーニングに励んでいます。筋トレ、技術トレ、試合の分析などピッチ上でのパフォーマンスアップに繋がるように取り組んでいます」とのことです。

なんと、長友選手と、お二人で、トレーニングに励んでいるんですねぇ〜
ある意味ウィンウィンの関係とはこういう関係を言うのかもしれません。


鬼木コーチの理論も実証され、長友選手の実績もどんどんあがる。。。。


まさに、ふたりにとって最高の状態が今なのかもしれません。


あのワールドカップでも見せた、尋常でない長友選手のパフォーマンスの源は、じつは、鬼木祐輔コーチとの研究の成果をいかした、うまい重心移動によるものなのだとわたしは、確信しています。

あれだけ、縦横無尽に走り回って、なんでスタミナ切れにならないんだろうと、率直に思うのですが、もしかしたら、元々兼ね備えたスタミナ+重心移動のちょっとした工夫によるものかもしれません。

この重心移動アナライズDVDからわたしもヒントをすこしもらいました。そして、実践した結果、体力がいままでよりも長持ちするという結果を得ています。そして、じつは、いまでは、高校の息子にもその重心移動のちょっとした工夫を伝授しています。^^


長友選手は、鬼木コーチとサッカーについていろいろと研究されているようですが、その研究の一端をおしえてもらって、実践するのもサッカーに携わる身としてはとーーても、わくわくして面白いものです。


ぜひ、すこしでも、この鬼木祐輔コーチの重心移動の理論に興味をもったのであれば、いちどは、このDVDをみる価値はあります!!!


↓↓ とにかく、重心移動アナライズDVDをためしてみる?↓↓




目次に戻る


2.重心移動アナライズが結果をかえる??

旧国立競技場・・・高校サッカー選手権の聖地であるが、
いまは、とりこわされている。


木枯らしがふくなか、口から白い息をだし、
寒そうにしている顧問の先生が見守るなか、
試合終了のホイッスルがなった、高校3年生のあの日、






わたしの【気づき】を重要にする
心構えがさだまった。





同じ練習や意識のなかから、
飛躍はできません。
そして、結果もかわりません。


結果は正直です。


結果をかえるには、
なにかしら、あらたな
【人・教え】に触れることが必要だ。


そう、高校3年生の、あの寒空の下で、
わたしは【気づいた】




さて、今回は、
【重心移動】という教えについてです。
多くの人にとって、
【気づき】の一つとなるはずです。


目次に戻る

3.重心移動アナライズDVDの評判がよくて今人気の理由とは?



鬼木祐輔さんの重心移動アナライズDVDの評判が発売したばかりなのに
サッカーにたずさわり、少年サッカーコーチもしている私のまわりでも
話題にあがる『重心移動アナライズDVD』は、やはり、
以前に発売されていた、

『重心移動だけでサッカーは10倍上手くなる』

という、鬼木さんの著書によるところが大きいとおもいます。
というのは、私の場合であれば、

ミッドフィルダーとしては、
試合中の体力消耗を
ちょっした重心移動のコツによって、
減らすことに成功しました。


ちょっとしたコツなのですが、
鬼木祐輔さんのしっかりとした理屈とともに
学んだからこそ、
『スーーっ』と、うけいれることができ、


ただ単に、サッカーの試合中全体をとおして
一生懸命『がんばる』といった、
『根性論』のようなことではなく、
理屈をとおして、具体的に、試合中の体力消耗を減らすことが
可能となった
ことで、
試合後半になっても、
具体的な結果として
多くのパスコースに
顔出しができるようになりました。


体が硬いといわれるひとは、
意外と、すこし動き方の考え方を
今までと変えるだけで、
かなり省エネとなるかもしれません。

そして、今回の鬼木祐輔さんの
重心移動の意識を日々の練習
つまり、サッカーのトレーニングに
とりいれることで、無意識に、
スムーズな重心移動を身につけることで
かなり、自分がわかる結果を得られる可能性があります。


さて、具体的に、鬼木祐輔さんの
考え方にうつりましょう。


わたしにとって、
つぎの鬼木祐輔コーチの
『スキマ』という考え方が
まず、有効でした。





鬼木さんの重心移動という考えを
実践するにあたり、
必ず知っておきたい考え方です。





目次に戻る


4.重心移動アナライズDVDで得たディフェンス面でのコツ

さて、鬼木祐輔さんの重心移動の考え方ですが、
ディフェンス面でも気づきがありました。


ディフェンダーとしては、
高校生のころから教え込まれた
ディフェンスの際は、膝をまげて、
どちらにもいけるようにする、といった、
ともすると、野球的な時代の考え方から
逸脱することに成功しました。


腰の高い・・・けれども、反応のよい、
いまどきの足の長い子供たちに、
無理して、腰をひくくして、
膝を曲げた状態で、相手に対処することが、
必ずしも正解ではない
ということを
自信をもって伝えることが
できるようになりました。


そう、『スキマ』という考え。
これが、自分の体を重心移動を
意識しながら動かすにあたり
劇的に、サッカーのおける
移動の効率を変えてくれる可能性があります。




サッカーを一番のピークである
20代をはるかに超えても
まだまだやっている
自分自身としても、さほど、
膝の曲げや腰の高さを意識するよりも、
スキマを意識することで、
かえって、ディフェンスしやすくなりました。


ちょっとした
考え方をもらうことで、
プレーも変わるものです。



書道において、
筆の持ち方が悪い子供に
一生懸命書道をおしえても、
なかなか効果があがらないので、
まず、筆の持ち方をおしえるといいます。





まったくおなじことが、
サッカーにおいても、
正しい姿勢を
おしえる、ということが
まず重要で、
書道と同じなのです。


根本的なところを
正しく伝えてトレーニング
しておかないと、どんなに、
練習・トレーニングしても、
結果が全然伸びないのです。


逆に、正しい基本を教わっておくと、
伸びがまったく違う結果となるのです。


さて、これだけサッカーの結果に、
影響力のある考え方である
鬼木祐輔さんの重心移動アナライズですが、
出版されていた


『重心移動だけでサッカーは10倍上手くなる』


という本においては、
『シュッ』と、たって、とか、
『ニョキっと』とか、擬音語で表現していました。


これだけだと、
イメージがしにくく、
連続写真はあるのですが、
自分のイメージが本当にあっているのか
確信が持てずにいました。







しかし、鬼木祐輔さんの重心移動に関しての
理屈をまなび、理解できた、
切り返しやディフェンスにおける
サッカーの練習トレーニングポイントだけでも、
かなり効果的だったので、
この本に対するDVDが発売されないかなぁと、
誰もが思っていたとおもいます。


実際、アマゾンのレビューをみると
下記のような重心移動の本に関する
レビューがありました。


多くのプレイヤーが抱える悩みに対してこの本は間違いなく気づきを与えてくれると思います。トラップをミスした時やドリブルを簡単に止められた時、自らの身体のどこに力が入っていたからうまくいかなかったんだと、現象に対して明確な理由を与えてくれる書籍です。自分の身体と対話しながらサッカーを上達させることが可能になります。
ですが、やはり写真だけでは限界があります。動画があるだけで若いプレーヤーはやってみようという気になりますし、コーチも子どもたちに伝えやすくなると思います。 実にもったいない。



まったく、同じように私自身もおもっていたし、
多くのサッカーに携わる
コーチやプレーヤーが同じことを
思っていたのだとおもいます。


だからこそ、
いま、この鬼木さんの重心移動アナライズDVD
口コミなどでも販売開始わずかな期間にも
かかわらず、評判が高いのでしょう。

目次に戻る

5.重心移動アナライズDVDが口コミで評判の理由

さて、今回重心移動アナライズDVDが、
少年サッカーコーチをしている
わたしのまわりではちょっとした口コミ・評判になっているのですが、
なにが、口コミ・評判になっているかというと、

『サッカークラブに入っているこどもに
 何かプラスになることを教えてあげたい』



と思う子供さんのご両親、そして、わたしたち少年サッカーコーチにとって、
ヒントが示されていることです。



2つほど、例をあげます。



1つめの例としては、『リフティングであちこちにボールがいってしまっている子供さん』
に対して、下記のようなサッカー動画にて、
ちょっとしたコツを説明してくれています。





ちょっとしたことなのですが、
この鬼木祐輔さんのサッカー動画のなかで、わたしが
ポイントとしてあげるなら、

『エアーリフティングで、ボールが少しずれた場合でも、
 さっと、ボールの方向に移動する、』




という点です。この重心とともに、
体を移動するという点が重要なポイントです。



これを鬼木祐輔さんは、
『重心移動』といっています。



この『重心移動』という考えをリフティングの練習中に意識するだけで、
サッカーの試合中に、ボールが体からはなれることが、
すくなくなります。


『嘘でしょう』とおもうご両親がおられたら、
自分でも意識して、子供とご一緒に、サッカーを
やってみることをおすすめします。


30年以上サッカーをやってきたわたしでも、
『なるほど』感を感じることができました。



2つ目の例としては、


『ドリブルが、親の目でみてもなんだか、スムーズでない。』ような
お子さんに対してのヒントを与えてくれます。


まずは、下記の動画をみてください。
ボールに対して、
どう、体を動かすのかの
ヒントを与えてくれています。





どうでしょうか。
ボールに対しての
体の動かし方を 
意識するだけでも、かなり
試合中における、
身体のうごきの
スムーズさが変わるはずです。



さらに、
鬼木祐輔さんの動画では、
重心を意識した、『ドーナツ』という
言葉をつかった説明を下記の動画では
してくれています。







ドーナツでボールをあつかえるように
体を移動する。
つまり、重心を移動する、
そのことを意識するだけで
ドリブルはかなりちがったものになってくるでしょう。



ドリブルでは、
他の子供さんとくらべて、
『スムーズでない』と、
うまれつきの才能の差と考えてしまうこともあるでしょう。



しかし、わたしは知っています。
お父さんは、サッカーが、からっきしダメなのに、
こどもさんは、とてもうまいという例。


わたしも、子供たちのサッカーに携わる前には、
やはり、『生まれつきの才能というものがあるのだろう』
とおもっていましたが、


いるいる・・・(笑)



いるんですよ!
お父さんが、サッカーやったことがないような人でも、
ドリブルするのがうまい
こどもさんの例が!!



なので、今回の鬼木さんのDVDなどで、
しっかり重心移動をはじめとした
サッカーのコツをまなび、
子供に気づきを与えていくだけで、
必ず、子供はうまくなります。


目次に戻る

6.小学生コーチからみた鬼木祐輔さんの経歴

鬼木祐輔さんですが、
経歴をみてみると、
神奈川県横浜市の出身でいらっしゃいます。





わたし自身、横浜に住んでいるので、
横浜市の小学生のサッカーのレベルの高さには
舌を巻いています。


さてそんな横浜市出身の鬼木祐輔さんですが、
ご自分で、サッカーはうまくないと言っています。
経歴的にも、もとプロサッカー選手というわけではないので、
たしかにそうとはいえるのかもしれません。



しかし、鬼木さんの重心移動の理論については、
Fリーグ
なでしこ、そして、
少年サッカーのコーチなど
多くのひとに支持されています。



その理由はなんなのか?




それは、小学生を教えるわたしにとっても、
『ハッ』とさせられる文言
鬼木さんの著書や、
セミナーなどに並べられるからだと考えます。




例をあげると、

・『ディフェンスは腰を落とせ!』は間違いだっった?!

・一流ディフェンダーは『背中で止まる』

・ハードなプレッシングを繰り返しても、
 疲れない方法があった!

・『足は、重心を運ぶための手段でしかない。』

・『ボールを大事に扱おうとすると、扱えなくなる』

なんだか小学生を教えているわたしにとって、
刺激的な言葉がならびます。





サッカーって、
サッカーをやっている人の数だけ、
考え方・コツがあって、
その人のサッカー人生の数だけ、
ちがった考え方・コツがあります。




そのなかでも、
注目される考え方っていうのは
やはり、もともと上手なこどもが
さらに上手くなること

焦点を当てた考え方もおおいのですが、
鬼木さんの考え方は、
そもそも、
体をうまく動かせないこども、
例えば、リフティングをうまくできないような
子供にも焦点を当てている点が、
小学生をおしえているわたしにとっても、
刺激的なのです。




世の中80%くらいの子供たち
欲しているのは、
そうした指導や内容だとおもいます。
ですから、わたしは、
小学生のコーチとしても
鬼木さんの指導方法や
教材の中身に興味がわくのです。



目次に戻る

7.試合の80%以上がボールタッチ以外の時間という事実

サッカーというスポーツは
よくいわれるのですが、
80%以上の時間は、
ボールを持っていない時間です。


つまり、小学生の時間でいえば、
20分+20分=40分の試合中で、
ボールをさわるもしくは、
ボールにかかわる時間は、8分間しかないのです。


前半、後半でいえば、4分間ずつです。
実際にボールタッチの時間といったら
そのさらに20%くらいなので、
1分あるかないかです。


想像してみてください。
自分の子供が試合中にどれくらい
ドリブルしたでしょうか?


たとえば前半に、5秒くらいのドリブルが
かりに10回あったとしても
50秒なのです。


それにくらべて、
誰かがボールをもっているときに、
ボールをもらうために
動き出したり、


ボールをうばわれて、
即座に、ディフェンスにまわるとか、
自陣にむかってもどるなど、


とにかく、実際は、
ボールタッチとは関係なく、
身体を動かす時間がとてつもなく長いのです。


だからこそ、
そうした、相手をはずして動き出しを
おこなうときの重心移動のコツ、


そして、攻めていたときに
相手にボールを奪われたときの
攻守の切替時におこなう重心移動のコツ、


そして、相手が攻めてきて
しかけられたときの、重心移動のコツ、


といった、種々の試合中の場面で
重要となってくるのが、重心移動で、
それが、体力消耗の度合いや、
攻守の切り替えのスピードの違いに
かかわってくるのです。



わたしは、半年くらい前に、
オランダサッカー協会の指導インストラクター
である方の講習会に参加しました。



そこで、指導をするにあたり
子供たちの
どの部分をみるのが重要なのか?
というはなしの中で、


『攻⇒守』

『守⇒攻』 



の切り替えの部分。
という内容が指導の中でありました。


それくらい、
攻守の切り替えというのは
サッカーにおいてポイントであり、
また、その部分において、
差があるということです。


だからこそ、
その重要な攻守の切り替えにおいて、
重心移動を意識した切り替えが
おこなえると、
他の選手よりも、
0.1秒、0.2秒という差ですが、
はやく、攻守を切り替えることができて、
なおかつ、体力をそれほど
消耗しなくなるのです。


ちょっとしたことですが、
攻守の切り替えというのは、
サッカーの試合中において、
20秒に一回おこなわれるとすると、
小学生の40分の試合の中で、
120回も行われる計算となります。


0.2秒の差や、
体力消耗のちょっとした差
120回おこなわれると、
かなりの差となることが、わかるとおもいます。


だからこそ、
今回説明してきた『重心移動』ということを
意識することが、サッカーの結果に
劇的な変化を起こす可能性があるのです。

↓↓ 120回の攻守の切り替えを変えてみる?↓↓





目次に戻る

8.よくある質問|重心移動アナライズDVD

Q 子供がひとりでみて、理解できるでしょうか?








重心移動アナライズDVDの内容は、理解できる内容となっています。ただ、わたし自身いろいろなDVDをみて思うことと同じですが、できれば、親も一緒に観るといいと思います。かならず、子供とは違った観点の気づきを得られるはずです。そして、また、子供のきづきに、『なるほど!』と思うこともあります。ぜひとも、効果を2倍にするために、子供さんといっしょに、重心移動アナライズDVDをみることをおすすめします。







Q 身体能力が高くなくても実践できるでしょうか?








今回のDVDはサッカーが上手くなれる体の身体の使い方を中心に説明したものとなっていますので、身体能力は関係ありません。そもそも、身体能力って、小学生の時代と、例えば、高校生時代では、逆転してしまっている例などいくらでもあります。・・・なので、小学生時代で重要なことは、正しい身体の使い方を覚えることです。そしてまた、どんなに足が早かったり、ジャンプが跳べる選手でも上には上がいます。・・・ですから、いま現在の身体能力を気にすることよりも、最大限、いわゆる『動きがいい』といわれる選手のように身体を動かせるようにしておきましょう。







Q サッカー未経験者の親でも大丈夫でしょうか?









まーーーったく問題ありません。これは、わたし自身感じていることですが、
かえって、サッカー経験がないほうが、純粋にフラットな目で、DVDの内容もみれますし、ある意味、鬼木祐輔コーチの内容をそのまま言葉のとおりに理解して、子供に伝えることができます。

サッカー経験があると、かえって、自分の経験や、固定観念が邪魔してよけいなことをプラスして、子供につたえることがあります。

わたしは、いつも意識していますが、サッカー経験者であれば、むしろ自分の経験はなしにして、自分はなにもしらないつもりで、こうしたDVDはみることをおすすめします。









よく『守破離』といいます。
まずは、師匠のいうことを完璧にコピーすることが
重要です。そのことができてから、自分流にアレンジしていけば
いいのです。そのことを意識して、
こういったDVDはみましょう。


わたしがみてきた
小学生たちをみても、やはり、なんでも新しいことや
ひとの意見をすんなり受け入れて挑戦できる
【素直な】子供が、成長しています。




目次に戻る

9.重心移動の練習としてその他、参考になる動画

重心移動の練習として
鬼木祐輔さんのDVDをみるまえに、
参考になる動画がいくつかあります。


今回は2つ紹介しておきます。
参考にしてください。


まずひとつめの動画では、
重心移動がうまくできていないと
どう、うまくいかないのかが、分かる動画です。




これも1つ目と同じ永島さんというサッカースクールコーチの
方の動画ですが、重心を移動しながらも、
ボールがどんな位置にあればいいのかということが
分かる動画です。


わたし自身、ボールの置き場所ということについては、
とくに、現、名古屋グランパス監督の風間八宏さん
教えである、【自分の場所にとめる】ということが、
つねに頭にありますが、今回の永島さんのやり方は、
自分の体の中心に、ボールをおくという考えです。


ボールの置き場所にこだわるという点で、
とてもいい練習だとおもいますし、
重心移動の練習としては、
とてもわかりやすいいい練習法だと思います。






重心移動といっても、
最後は、いかにボールを上手く扱えるか
ということが、最終目標だと思います。


自分の今までのやり方にこだわらず、
サッカーの実力が、
いまいち上がっていないなぁ。。。
と思うのであれば、、、


そして、自分の子供さんが、
壁にぶち当たっているなぁ。。。
と思うのであれば、、、


いままでと違った練習法、やり方、考え方に触れることを
おすすめします。



試さないことがリスクです。
試してみれば、上手くなるための選択肢が一つ減ります。
多くの人がいろいろなことにチャレンジせずに、
自分の狭い経験だけで、うまくなろうとしています。


とくに、レギュラー落ちしているとか、
チームが、数年低迷しているのであれば、
新たな方法にチャレンジしてみることを
おすすめします。




目次に戻る

10.重心アナライズDVDの中古よりもお得な買い方

さて、リフティング、ドリブル
そして、試合に改善が期待できそうな鬼木祐輔さんの
重心移動アナライズDVD
ですが、
値段は、それほど安くありません。


ちょうど、Jリーグ下部組織の月謝の1ヶ月分くらいです。
ズバリいいますと、DVD4枚組で、
15,980円
となっています。


ただ、アマゾン等ではなく
公式サイトから購入すれば、
90日間の返金保証がついています。



どこかの怪しい教材であれば、
返金保証がついているのはわかるのですが、
この鬼木祐輔さんの
重心移動アナライズDVD
返金保証がつくのは、
わたしは理解できません。



だから、この90日間返金保証というのは、
いずれなくなってしまうかもしれませんから、
どーーしても、
気になる人は、公式サイトから購入して、
90日間のおためしをしてみればよいとおもいます。




ちなみに、返金保証の条件は、

もし、あなたが教材の内容を実践されて、結果が全く出なかった・・・、という場合には、
ご購入日より90日以内に弊社までメールまたはお電話にてご連絡の上、お送りしたプログラム一式をご返送ください。90日間完全満足保証に基づきご返金させていただきます。



となっていますから、
かなり、重心移動アナライズDVDの
教材にも自信をもっておられると
判断されます。


この重心移動アナライズDVDの内容に
興味のある方でも、値段がそこそこするので、
中古でないかなと探している人もいるとおもいます。


わたしもそうでした。


でも、中古の重心移動アナライズDVDを
さがすような不安のある方は、とりあえず、
公式サイトからの購入を試してみることをおすすめします。


なぜなら、まんまん万が一、
役に立たないと思えば、
返金保証があるのですから!!


まぁ、わたしは、この鬼木コーチの
DVDが、返金されることなどあるのかなぁ?


と少々疑問ですが、それでも不安な方は
一定数いるとおもいます。


そのような方は、ぜひ、この公式ページを
利用した購入方法がおすすめです。


↓↓ とにかく、公式サイトで、重心移動アナライズDVDをためしてみる?↓↓





そして、わたしが時々おすすめするのですが、
もし、スクールに通われているのであれば、
1ヶ月お休みして、
このDVD教材分のお金を捻出して、
いちど挑戦してみることをおすすめします。


よくいいますが、
他人とおなじことをしていても、
友達とのレギュラー争いの枠を
抜け出ることはできません。


いままで、1年?2年?
期間はわかりませんが、
サッカースクールにかよっている期間が長いのであれば
なおさら、1ヶ月程度お休みしたところで、
お休みしなかった場合との差は
それほどあらわれないとおもいます。


差がでるとしたら、
やはり、なにか新たなことに挑戦して
なにかしら気づきを得たときだとおもいます。



なので、
わたしは小学生をおしえる
サッカーコーチとしても、
新しいことに挑戦することを
おすすめします。


それは、我がクラブの子供でもおなじです。
子供が上達するのであれば、
わたしは自分のクラブを
1ヶ月くらい休んでもいい
とおもっています。


だって、目的は
サッカーの練習をつづけることではなく、
サッカーがうまくなることですから!!


再度確認です。


あなたは、結果を変えたいですか?
結果を変えたいなら、新たな行動が必要です。


わたしは、40歳を超えました。
でも、いまだに、
高校3年生のときの【気づき】をわすれてません。


↓↓ とにかく、重心移動アナライズDVDをためしてみる?↓↓






 

サイトマップ